ハーブガーデンシャンプー解析

ハーブガーデンシャンプーの成分解析!

新しいシャンプーを買うか検討する時に成分を見るのは大切なことですね。

 

ここではボタニカルシャンプーの王様ハーブガーデンの成分を解析していきます!

 

本当に100%天然由来成分なのか?

 

体に悪い成分は入っていないのか?

 

などを徹底的に見ていきます!

 

他では見られない情報満載ですので、最後までしっかり読んでくださいね!

ハーブガーデンシャンプーの成分一覧を解析!

早速ハーブガーデンシャンプーの成分一覧を見ていきましょう!

ハーブガーデンシャンプーの成分


水(オーガニックハーブティー)、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸、ココアンホプロピオン酸Na、グリセリン、コカミドプロピルベタイン、ココイル加水分解ダイズタンパクK、サビンヅストリホリアスツ果実エキス、ヤシ油(V.C.O)、フムスエキス(フルボ酸)、シンジオフィトンラウタネニ核油(モンゴンゴオイル),バオバブ種子油、ユチャ油(サザンカ油)、ラフィノース、アロエベラ葉エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa(ペリセア)、クエン酸、加水分解シルク、ポリクオタニウムー10、センブリエキス、ユズ果実エキス(ユズセラミド)、シロキクラゲ多糖類、ヒアルロン酸Na、サンショウ果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、スイカズラ花エキス、プルサチラコレアナエキス、銀、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、ソメイヨシノ葉エキス、香料(アロマ精油ブレンド)

パッと見てもアルコールや石油の成分が入っていないのは分かります。

 

次に気になる成分をピックアップして解析していきます!

 

@水(オーガニックハーブティー)
ハーブガーデンではシャンプーの主成分である水は普通の水ではなくハーブウォーターを使用しています。フケ防止や頭皮の為を整える「ローリエ」、髪を清潔に保つ「ミント」、髪をサラサラにする「ローズマリー」など7種類のハーブから作られる特製のハーブウォーターが使われています。

 

AラウロイルメチルアラニンNa
薬品っぽい名前ですがちゃんと天然由来の成分です。これはヤシの油などから作られる洗浄成分で、洗浄力が強すぎず弱すぎずと最適な成分です。刺激も低く非常に安全な成分ですね。

 

Bココアンホプロピオン酸Na
こちらもヤシの油から作られる洗浄成分です。天然由来成分なのに洗浄力に優れ、刺激も弱いのが特徴です。保湿力にも優れダメージを蓄積している髪にピッタリの成分です。原料が非常に高価なので高級シャンプーによく配合される成分です。

 

C加水分解シルク
近年シルクを配合するシャンプーは増えてきました。髪にハリやコシを与え熱からも守ります。指通りを良くする効果もあるのでノンシリコンでもサラサラの髪になりますね。

 

D香料(アロマ精油ブレンド)
ラベンダーやオレンジを中心にブレンドされており、ハーブの畑にいるかのような香りが浴室一杯に広がります。毎日のバスタイムで身も心もリフレッシュできます。毎日使う物だからこそ香りは大切ですね。

 

まだまだ髪や頭皮の為の成分ばかり入っているハーブガーデンですが、気になった成分はこのあたりでしょうか。

 

成分全てをしっかり見ても、やはり体に有害な成分は一切入っていませんね!

 

主成分の水にこだわりハーブウォーターを使用したり、高級シャンプーに使用される「ココアンホプロピオン酸Na」が配合されていたりと非常に贅沢なシャンプーです。

 

ハーブガーデンの成分を解析してみても、やはり自信を持ってオススメできるシャンプーであることが分かります!

ハーブガーデンシャンプーの解析結果!

ハーブガーデンシャンプーの成分を解析してみた結果

 

天然由来成分100%に偽りはなく体に悪い成分も入っていない

 

ということがわかりました!

 

流石オーガニックシャンプーNo.1ですね。

 

主成分の水をハーブウォーターにしたり、高級な成分もふんだんに配合してあったりと至れり尽くせりなシャンプーでした。

 

これだけのシャンプーが2,000円で購入できるというのもハーブガーデンの魅力の一つですね!

 

ハーブガーデンに興味を持った人や、購入したい!という人は下のボタンから公式サイトへお願いします!

 

こちらから通常価格の50%OFFで購入することができます。

 

あなたも自然の力で髪も頭皮も元気にしましょう!

ハーブガーデンシャンプーの成分解析!他では見られない情報満載!